骨格が歪むと何故良くないのか?

頚椎、胸椎、腰椎、仙尾骨が繋がって背骨を形成しています。

赤ちゃんが母さんのお腹の中で成長する過程で、最初に形成されるのは脊髄といわれ、脊髄から分化して内臓などができます。
皮膚も臓器の一部です。

背骨がズレて、各神経を圧迫したりして、内臓不調、痛み、痺れ、運動障害…などの症状が現れます。

慢性首コリ、慢性肩コリ、頭痛、腰椎、膝痛…諸症状の原因は背骨のズレにあると考えています。

背骨のズレている方向を確認し、ねじれが起こっている(筋膜、筋肉)を正しい方向に記憶してあげる事ができれば背骨は自ら正しい位置に戻ります。

ズレを戻すのには、強い力は必要ありません。
力を入れない方がズレは矯正されます。

更に、背骨がズレると基礎体温の低下に繋がると考えています。
体温が低下すると、免疫力、代謝、循環が悪くなります。


背骨矯正、背骨のズレを正す専門院
ラシーヌ